大好きなちょっと昔の歌

Posts Tagged ‘鶴田浩二

今夜は焼鳥屋のカウンターで女性二人と一緒になった。品の良い方たちだったが面白い話を沢山聞かせてもらった。失礼だがお年は76歳、とても元気だ。僕より30歳年上になるが、性別の違いはあるけれど30年後に僕もあんな風にお酒を飲んで楽しく話ができるだろうか?多分、僕はこの世にはいないような気がするけど。京都出身で同志社大学卒業らしいけど、多分いろいろなお話を聞いた限りはお嬢さんだったんだと思います。少し英語も話していたしね。戦時中の話や学童疎開の思い出なんかも話してもらいました。戦時中になったら、それまでは男女共学のクラスが、男女別々になり、クラス名が1組が忠誠の忠組に、2組が親孝行の孝組に変わったそうです。ちょっと右寄りの授業のようですが愛国心も大事ですね。若い頃アメリカに行った時に丁度アメリカ建国200年を迎えたのですが、歴史の浅いアメリカは一生懸命歴史を作っているというイメージが僕にはあります。逆に日本は歴史を消そうとしているという感じがするのですがどうでしょうか。僕の父親も生きていれば80歳になっていました。父親が好きだった歌が鶴田浩二の「傷だらけの人生」で僕もたまに唄ったりします。

タグ: